• スライダー
  • スライダー
  • スライダー
  • スライダー
  • スライダー
  • スライダー
  • スライダー
  • スライダー

どのような課題がございますか?

  • アイコン

    訪日外国人に体験ツアーを考えているのですが、ツアー情報をどこへ発信すればよいかわからない。

  • アイコン

    町おこしの一環で訪日外国人を呼び込みたいが、どのような企画を立ち上げ、
    どうすれば来てもらえるの?

  • アイコン

    お店に訪日外国人観光客を呼びたいが、具体的なやり方がわからない。

  • アイコン

    インバウンドを新たな事業の柱として考えているが、進め方がわからない。

背景

背景背景

クレソンのサービスの特徴

Quality

自社で培ったインバウンド事業における訪日外国人向け体験ツアーのノウハウや経験をベースにお客様の課題を見える化し、将来のあるべき姿を導き出します。とりわけ外国人集客は一筋縄ではいきません。そのため自社のネットワークだけにこだわらず、他のインターネットや新聞や雑誌などメディアを有効に活用し、お客様の利益を最優先し当社が持つマーケティングのノウハウを活用しインバウンド事業における企画立案から実運用及び集客までご支援致します。
イメージ風景
サービス内容

Service

  • ①
    訪日外国人旅行者の
    集客向けマーケティング
    1.コースデザイン及び
     外国人向け体験企画
    2.集客代行サービス
    3.PRコンテンツ作成
    4.運営サポート
    1.コースデザイン及び外国人向け体験企画
    2.集客代行サービス
    3.PRコンテンツ作成
    4.運営サポート
  • ②
    インバウンド新事業企画
    コンサルティング
    1.現状把握及び整理
     (会社の強みを整理)
    2.強みを生かした新事業立案
    3.インバウンド事業政策実行
    4.インバウンド事業運用支援
    1.現状把握及び整理(会社の強みを整理)
    2.強みを生かした新事業立案
    3.インバウンド事業政策実行
    4.インバウンド事業運用支援
  • ③
    インバウンド事業による
    地域再生支援
    コンサルティング
    1.地域の特性の整理
     (地域の強みを整理)
    2.強みを生かした地域事業立案
    3.インバウンド事業政策実行
    4.インバウンド事業運用支援
    1.地域の特性の整理(地域の強みを整理)
    2.強みを生かした地域事業立案
    3.インバウンド事業政策実行
    4.インバウンド事業運用支援
体的支援例
・訪日外国人を集客したい企業・飲食店・自治体向けインバウンド事業・マーケティング及びコンサルティング
・自治体向けインバウンド事業政策提言
・集客デザイン及び運用代行
・映像・動画などメディアデザイン及び運用代行
・ナイトライフ事業コンサルティング
・宿泊力強化コンサルティング
の訪日外国人が求めているもの
今、インバウンド事業を意識する上で大切なことは、多くの訪日外国人が求めているのはローカル・エクスペリエンスです。ローカル・エクスペリエンスとは、一般の日本人が普段経験していることを、日本人とコミュニケーションをとり、日本文化に触れ、日本人と思いを共有することです。例えば、都会文化に慣れた方々は単にガイドブックに載っている東京のスポットを歩くのはあまり興味を示しません。何故なら、訪日外国人は本来の日本文化や日本人に触れたい、旅を実感することを期待しているからです。それは何か特別なことではなく、ナイトライフを含み日本人が楽しんでいることをそのまま同じように楽しみたいのです。インバウンド事業による集客を意識するには、この視点によるマーケティングが大切です。
イメージ画像
イメージ画像
たちが実現したいことは
私たちはインバウンド事業を通して訪日外国人が訪れる事によって、企業及びその地域が経済的発展を持続することを目指しております。
それは、第一に訪日外国人に来て頂くことによりお客様及びその地域の知名度を広めるだけでなく、持続的発展のために利益を継続的にもたらす仕掛けをつくるということです。
つまりインバウンド事業により集客力を上げ経済効果を高めるということです。
そのためには場所を問わず、マーケティング力を高めその企業固有の或いはその地域に根付いたスポットツアーなどを立ち上げ、訪日外国人にナイトライフを含み日常的な地元の文化や生活を理解し感動させ、また喜ばせることが重要と考えています。

また、そこで培ったマーケティングや集客ノウハウを同じ志を持つ地方へも展開し日本全体で外国人と喜びを分かち合う機会を増やしたいということです。そして、訪日した外国人がまた来たいと思うような楽しいサービスを常に提供し続けることにより、持続可能な経済的発展を促し、訪日外国と企業と地域がwin-win-winになる関係を構築することが大切と考えております。
イメージ画像
私たちのミッションは
1.訪日外国人を集客することによりお客様の事業の持続的発展に貢献する

2.訪日外国人に日本の本質的な良さを理解してもらう

3.都市・地方にある有益な資産を発掘し、日本文化を再認識し自信を深める貢献をする

4.地方へも外国人を誘致し、インバウンド事業として集客を増やすことにより
 経済的発展を促し地域創生と地域活性化を実現する

5.日本人と外国人が自然とコミュニケーションがとれる場を作り、文化の相互理解を図る
 (異文化が入ることにより多様性な社会貢献を図る)
5.日本人と外国人が自然とコミュニケーションがとれる場を作り、文化の相互理解を図る(異文化が入ることにより多様性な社会貢献を図る)

訪日外国人が増えています

訪日外国人数は政府目標で2020年に4000万人、2030年に6000万人と予想されています。
つまり、訪日外国人はこれまでにない規模で日本に来て頂けます。
インバウンド事業も同様にマーケットは拡大します。企業及び自治体はこの潜在的な市場を戦略的に事業展開し、
またマーケティング力と集客を増やす工夫が必要になります。
例えば、ナイトライフを含んだ体験と宿泊の在り方はインバウンド事業を進めていく上で今後の大きなテーマとなります。

訪日外国人実績及び予想推移

その恩恵を受けていますか?

イメージ画像 訪日外国人は増えています。また最近は一部の外国人が地方へも足をはこんでおりますが、
現実はほとんどの訪日外国人は東京・大阪・京都と言った特定の地域に滞在します。
例えば、国交省データよりますと、2800万人訪れる訪日客の内、
1400万人は東京に訪れます。
訪問率は、東京都(51.4%)、大阪府(27.9%)、京都府(21.9%)と言った順番になっています。
つまりインバウンド事業は地域に未だ偏りがあるのが現状です。
如何に地方へ集客するかということはこれからの大きなテーマです。
(国交省データより)

只、日本には誇るべき歴史・文化・食・アートが各地方に存在します。
東京でさえも未だ知られていない面白い場所がたくさん残っております。
私たちが考えるインバウンド事業とは、その素材や人材を生かし、訪日外国人が一時的に楽しむことを提供するだけでなく、その地域に住む方々が幸せになる仕掛けが大切と考えています。

地方においては、実際のところ宿泊する環境やナイトライフを提供する場が整っておらず、外国人がせっかく足を運んでも短時間の滞在に留まることも多いので、上手く集客できていないのが現状です。結果的に、地方での経済的な恩恵が少ないのも事実です。そこには、マーケティング力不足による戦略的なインバウンド事業の展開や、集客の仕掛けづくりの欠如があります。例えば、ナイトライフと宿泊の在り方を同時に設計することにより、訪日外国人がより長く滞在します。ナイトライフをうまく提供することにより、訪日外国人はその街によりお金を落とすことになり、街の経済的な発展に寄与します。

訪日外国人消費動向調査

どうすれば、訪日外国人が
来て頂けるのでしょうか?

イメージ画像 日本のサービスと言えば、「おもてなし」をイメージされる方が多いのではないでしょうか?
「おもてなし」とは特別なことではありませんし、至れり尽くせりをする必要もありません。訪日外国人にとっては、普通にお客様への接し方そのものが「おもてなし」なのです。先ずは特別なことをする必要はないということをご理解ください。 また、英語や中国語などの語学も必要と考えがちですが、これは手段でしかありません。
インバウンド事業として大切なのは訪日外国人が“日本に触れた”と満足することを与えることです。その“日本らしさ”をきちんとマーケティングし理解できるように提供できれば、先ずは十分な条件にあるといえるでしょう。
その内容を見極めたうえで、最適な方法で集客を図れば訪日外国人は持続的に来て頂けるでしょう。そして持続可能なインバウンド事業へと発展していくでしょう。

イメージ画像 昨今においては、旅行前の情報収集として訪日外国人はあらかじめ、SNSや旅行専門などのインターネットサイトを利用して日本体験や飲食について調べて訪日するケースが多いと各所のデータで示しています。一方、訪日外国人の多くはスマホや小型のwifiルーターを持ちながら行動しております。そのため、訪日後もインターネットにより情報収集をすると同時に、リアルタイムでその場の情報拡散もしております。

この行動パターンによる情報は年々増え続け、その場の情報数が多いほど、或いはレビュー情報が多いほど、観光客の魅力を引き付けることになり、裏を返せば、情報及びレビューが少ないと訪日外国人に認知してもらうのが難しくなると言えます。ここにインバウンド事業における集客の成否及びマーケティング力の課題が存在します。その為、企業や自治体が実施するインバウンド事業において集客性を高めるためにはインターネットの仕掛けの在り方は最も重要な要素の一つであると言えます。インバウンド事業と経済効果及び集客については、この仕掛けを常に意識しておく必要があります。とりわけ、経済効果はナイトライフと宿泊の在り方の設計に大きく依存してきます。

出発前に得た旅行情報源で役立つもの
しかしながら、大切なことはお客様自らの強みに自信を持って“日本に触れる”ことをサービスとして提供することです。
インバウンド事業としてその芯さえしっかりしてさえいればあとは手段の話です。
マーケティング用語をあえて使うと、ポジショニングをはっきりさせ、その魅力をきちんと訴えることができれば、
あとはしかるべきコミュニケーションチャネルを有効に使えば訪日外国人に来て頂けます。
つまり経済効果を意識した集客を見込めます。
クレソン株式会社と
New Tour Japanの設立経緯
Creson and New Tour Japan
私の周りでも海外の友人が日本をよく訪れるようになりました。彼女ら・彼らの旅行の在り方を通して理解したことは、日本には誇れる文化や食事が非常に多くあり、時にそれは日本人が思っている以上に評価が高いものでした。もっと日本の良さを知ってもらうために企画したのがwalking tourです。とりわけインバウンド事業として、訪日外国人集客の在り方を工夫しマーケティング力を高めながら日本体験を提供することです。
そのきっかけは幾つかあります。

事例1として、New Yorkに住むロシア人とベルギー人とオランダ人の3人の女性の友人が初めて日本を訪問しました。彼女たちは、日本語を話すこともできずまた漢字も読めません。彼女たちは初めの1週間を自ら自動車を運転して九州を一周廻りました。同様に次の一週間を中部・関西地区で過ごし、東京に来たのは帰国前の時でした。久しぶりに彼女たちに会って発した言葉は”Japan is so beautiful”ということでした。彼女たちは、日本の自然・文化・食事に積極的に触れ、その素晴らしさを私に永遠と説明していました。そして私が驚かされた出来事の一つに、自ら良い寿司屋さんを開拓して寿司を毎日食べていることでした。滞在した3週間、昼間の観光だけでなくナイトライフまでを楽しんでおりました。
また事例2として、食べ歩きもその一つです。友人が日本を訪れたときには、お昼から夕飯まで4食ほど食べ歩きます。ゆっくり歩きながら、日本の風景を楽しむと同時にいろいろな少しずつ日本食を味わって頂きます。友人に向けたこのツアーは本当に喜んでもらえます。初めは日本の味を堪能しながら、徐々に日本の風景に慣れながら日本のナイトライフを非常に楽しんでおりました。只、これは誰でもできることではありませんが、マーケティングの意識と幾つかのノウハウをマスターすればある程度は実施可能です。

イメージ画像
イメージ画像
一方、私はこれまで海外で仕事をして或は外国人と一緒に仕事をしてきました。
海外にいると日本の良いところがよく見え、また外国人が日本で不便・不自由に感じていることも分かるようになりました。
今、外国人が求めているのはよりリアルな日本に触ることです。
只、日本語が分からず日本の地理も精通していない彼らにはそのギャップを埋めるのは難しい問題です。
例えば、地方における宿泊施設の提供の在り方や食事のオーダーの仕方やナイトライフの在り方はその一例です。
そう言った彼らの要求に答えるため、単なるツアーではなくより記憶に残る旅行を食事も入れて提供したいと考えるようになりました。
これらの経験から、インバウンド事業と集客及びマーケティングの在り方について考えるようになりました。

イメージ画像
そして、訪日外国人に日本体験サービスを提供するNew Tour Japanをインバウンド事業として2015年に立ち上げました。
クレソン株式会社では、そのNew Tour Japanにおける体験ツアーで培ったノウハウをベースに
インバウンド・マーケティング及び集客コンサルティング事業を立ち上げることになりました。
New Tour Japan
自ら培ったノウハウをベースにインバウンド事業及び集客を支援

Our Knowhow

イメージ画像 クレソン株式会社は、自ら培ったインバウンド事業におけるマーケティング手法をコンサルティングサービスとして提供するだけでなく、New Tour Japanで発見した集客の難しさや直面した課題の解決策を体系的に整理したものがコアノウハウとして、どの企業にも対応可能なようにインバウンド事業支援サービスを実行する上での業務プロセスと手法を体系的に標準化しました。

更に、New Tour Japanでは世界中にいるこれから日本を訪れようとしている潜在顧客に対しインターネットによる集客ノウハウや、訪日外国人が日本で本当にやりたい事と言うものをノウハウ化・マニュアル化し一般的に対応できるものとしました。

一方、地方都市へも訪日外国人に長期滞在して頂くことにより地域活性化などのインバウンド事業政策提言も幾つか実施してきました。

これら自ら培ったノウハウとマーケティング力をベースにこれからインバウンド事業を強化する企業や自治体に向け、企画立案から集客及び実運用まで支援致します。
イメージ画像
課題及び日本を見直す
(インバウンド事業による経済効果や集客を意識して)
日本は観光立国の4条件『気候』『自然』『文化』『食事』がそろう観光立国として
まだまだ成長する潜在力がある国です。
中でもインバウンド事業は観光産業では成長性が高くますます拡大していくことと思います。

自らの経験からも史跡を巡るような一般的なツアーはあまり記憶に残ることがなく
ツアーそのものに何か退屈さがありました。
一方、外国人の日本旅行に対する期待値も上がっています。
いわゆる記憶に残るような面白いツアーは自らも積極的に参加する姿勢が大切であり、
そうした参加型の体験ツアーを通してより本来の今の日本を
知って頂きたいと考えるようになりました。
例えば、旅行時の食事はとっても大切な時間の一つです。
バリエーションに富み且つ洗練された普通の日本食を通して
日本をより楽しんで頂きたいと考えています。
文化的体験においても、茶道・華道・着物の着付けや
日本食教室など体験したい方が本当に多くいます。
只、それをそのまま提供するのではなく、
何か“+α”することにより「記憶に残る旅行」を意識することが
インバウンド事業はとして重要なことになります。
また一方、近年は “雪に触れること”は
東南アジアの南国の方々には大変魅力があり
多くの方々が北海道や東北など雪に触れる旅行を
楽しむようになってきました。
そこでも同様に、何か“+α”することが大切と考えております。

そして、宿泊施設とナイトライフの在り方は、
とりわけ地方では大きな課題と言えます。
日本人もそうであるように、
旅行時におけるナイトライフは旅行時の緊張感を緩和する効果もあり、
より充実した旅行となる要素となります。
つまりインバウンド事業と集客と経済効果と言うのは、
このマーケティングの視点を意識した事業としてうまく取り入れる必要があります。

日本にはまだまだ隠れた魅力が多く存在します。
只、日本の魅力と言うのは外国人に気が付かされた点が多いことも事実だと思います。
これまでは、日本の魅力は訪日外国人自ら探しそれを発信して普及するに至ったケースが多くあります。
つまり日本人は比較的受け身でしたが、今後求められるものは積極的かつ自発的な発信ではないでしょうか?
裏を返して言いますと、今後インバウンド事業としても求められているのは、有効的な発信力と集客力と思います。

繰り返しますが、訪日外国人が求めているのは普通の日本を体験することと日本人とコミュニケーションをとることです。
そして“日本を実感すること”です。そのことを念頭に入れ、自らを見つめ直し自信を深めることが重要と考えます。
インバウンド事業の成否は、単に漠然とした何かを訪日外国人向けに提供するのではなく、
マーケティング力を高めながら経済効果や集客を意識しなければなりません。
連携企業

Partner companies

地域創生プラットフォーム
DMG4S Cp.,Ltd.
TOPTOP